YK商会YK商会

企業情報

COMPANY

MESSAGE

代表挨拶

人を何よりも大切に想う企業であり続けたい

人を何よりも大切に想う
企業であり続けたい

当社は加古川の地にて産声を上げて70余年、塗料、溶剤、塗装器具等の販売を柱として今日まで業務活動を続けて参りました。現在でも加古川を起点に営業展開しておりますが、顧客ニーズの多様化により調色(色合わせ)は勿論、ブラスト、 金属製品塗装、戸建て等の建築塗装、看板製作など自らで施工や製作をする業務へも手を広げております。私たちの扱う商材の主たる塗料は、半製品と言われており、塗装し塗膜となって初めて製品となり得ます。これまでの時代、この半製品たる塗料をお客様にお届けすれば商売が成立しておりましたが、現在ではこの手の商売では中々お客様に振り向いて貰えないのが実情です。

このようなことから、自らが製品たる「塗膜」を形成する製造業にものり出しているわけですが、これには一括して製品(塗膜)をお客様に届けるという利点のみならず、もう1点の側面にも寄与しております。それは、社員自らが塗料を使用することで、それぞれの塗料の特性や効果、塗り易いのか塗り難いのかなど、価格以上にお客様の求めておられる塗料の情報を発信、提案出来る点にあります。 特に営業部所属のスタッフは塗装工事に触れる機会を設けることで、同業他社の方以上に知見を得て 成長しているものと思っております。そして、このような経験を経てノウハウを有することで、お客様からの信用・信頼を得ることに繋がっているものと自負しております。 コンピューターの進化に伴いITやAIがレボリューションとも言うべく状況を生み、時流が増々激しく、先が見えない、読めない時代に突入しており、中小零細企業を取り巻く環境はより厳しく、企業経営、企業継続・存続の難しさを痛感しております。しかしながら、建物、製品、特に金属製品があるうちは、どれだけITやAIが進化しようとも塗料という商材や一品一様の製品をコーティングする当社業務の全ては無くならないものと確信しております。素材革命が起こっている現在においても、コストや扱いやすさを含めて、まだまだ塗料、塗装が有利にあるものと信じております。また、塗料業界は世界的にみればまだまだ発展する可能性を秘めた業界であるとも感じております。


上記のような時代を迎えたことで、人が人を親身になって良い意味で干渉することが難しく、これから先益々ITやAIの進化に比例して互いに関心を覚えない時代になるような気がします。ですが、このような時代だからこそ大事にしたいのが人と人とのつながりです。お客様との出会い、社員さんやその家族の方々との出会い、これらは御縁があるからこそ成立しているのだ!という考えを常々持っております。こういう御縁を大切にしていきたい。これこそが当社の信条である「御縁」であり、その御縁を紡ぐ核となっているのが、YK商会一人ひとりのスタッフであり、私共の提供するサービスであると思っております。

一人ひとりを、そして一人ひとりが人を何よりも大切に想う企業であり続けたい!御縁あるお客様とつながり、そしてご満足していただけるサービスを追求することに、これからも日々精進して参ります。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

取締役社長 中田桂太郎

経営理念

  • 経営理念
    わたしたちは、塗料を軸とした多様な事業を展開し、環境配慮型企業として街景観を美しく産業機能を向上し、生活の快適さを実現することで、社会へ貢献してまいります。
  • 信条
    ご縁
  • 社訓
    誠実・協力・創造・努力・感謝

COMPANY PROFILE

会社概要

会社概要

  • 会社名
    株式会社YK商会
  • 設立年月日
    昭和28年4月(創業昭和22年4月)
  • 資本金
    1,000万円
  • 役員
    取締役社長 中田桂太郎
    取締役会長 中田美晴
    常務取締役 小石原和成
    取締役 中田典治
    監査役 中田康仁
    執行役員 陰山真一
  • 各部署名
    本社・営業部(塗料・溶剤・塗装設備・用具等の販売・経理・総務)
    エコ事業部(臭気対策)
    調色工場・倉庫(兼日本ペイント播磨調色サービス)
    第2工場(塗装・看板部門)
    加西工場(ブラスト及び塗装工場)
    工事部(現地塗装工事)
    水耕栽培
  • 主要取扱塗料メーカー
    • <塗料>
      日本ペイント、日本ペイントインダストリアルコーティングス
      日本ペイントマリン、関西ペイント、中国塗料
      アクゾノーベルコーティング、日本特殊塗料、カナエ塗料、東京ペイント
      斎藤塗料、菊水化学工業、熱研化学工業、東京熱化学工業
    • <塗装前処理剤>
      日本パーカライジング、日本ペイント・サーフケミカルズ、エーデルダイケン
    • <塗装機>
      旭サナック、ホソカワミクロンワグナー、ランズバーグ
      ノードソン、グラコ、アネスト岩田、明治機械
    • <塗装設備>
      日本ペイントインダストリアルコーティングス、パーカーエンジニアリング
      アンデックス、サンエス工業、ピーベス、ニッセイエンジニアリング、椿本チエイン
    • <カッティングシート>
      スリーエム、ニチエ、ミマキ、ローランド
    • <臭気対策関連>
      カルモア、近江オドエアーサービス
  • 取引金融機関名
    三井住友銀行 加古川支店
    但陽信用金庫 本店
    姫路信用金庫 加古川支店
    中国銀行 加古川支店
  • 資格 他
    毒物・劇物一般販売業登録番号:兵庫県 加毒 第137号
    建設業許可番号:兵庫県知事 第402622号
    塗装工事業
    機械器具設置工事業
    産業廃棄物収集運搬業許可番号:兵庫県知事 第2804061170号
    特別管理
    産業廃棄物収集運搬業許可番号:兵庫県知事 第2854061170号
    危険物貯蔵所許可番号:加古川市長 第2407号
    危険物取扱所許可番号:加古川市長 第1822号 加西指令 第36号

    ISO9001認証取得:JHA-Q143
    ISO14001認証取得:JHA-E063
    品質・環境方針についてはこちら

    防錆管理士:4名
    塗料調色技能士:3名
    NACE CIP LEVEL1:4名
    NACE CIP LEVEL2:3名
    FROSIO表面処理検査員資格者:1名
    1級建築施工管理技士:1名
    臭気判定士:1名

沿革

  • 1947年4月
    YK商会として、塗料販売を加古川市に於いて開業。
  • 1953年4月
    株式会社YK商会に改組、資本金50万円にて発足。
  • 1961年1月
    加古川市野口町坂井に於いて工場及び倉庫を建設し、木工業を併設。
  • 1973年12月
    YKビルディングを建設し、貸ビル・貸店舗部門を併設。
  • 1974年6月
    株式会社神戸製鋼所の下請加工部門を併設。
  • 1980年2月
    資本金を1,000万円に増資。
  • 1986年12月
    加古川工業団地に於いて工場及び倉庫を新設。
  • 1987年2月
    加古川工業団地工場(現:調色工場)に於いて日本ペイント播磨調色サービスステーションを併設。
  • 1989年5月
    カッティングシート部門を併設。
  • 1996年12月
    加古川工業団地に於いて塗装工場として「第2工場」を新設。
  • 1997年4月
    環境面を考慮して株式会社カルモアの代理店としてにおい対策事業(エコ事業部)を展開。
  • 1999年7月
    加古川市野口町坂井222に於いて個人用塗料販売の拠点として「塗料コンビニ加古川坂井店」を新設し、カッティングシート及び看板部門も併設。
  • 2006年9月
    加西南産業団地に於いてブラスト処理及び塗装の一貫工場として「加西工場」を新設。
  • 2010年12月
    塗料コンビニをYKビルディング内に移転。
  • 2011年12月
    ISO9001、14001認証取得。
  • 2012年4月
    加西工場を増築。
  • 2014年8月
    水耕栽培用ビニールハウス設置。
  • 2020年4月
    看板部門を第2工場に移転。

ACCESS

アクセス

本社・営業所

〒675-0039
加古川市加古川町粟津469-1

 

TEL 079-421-5995
FAX 079-425-2550

倉庫・調色工場
日本ペイント播磨調色サービス

〒675-0019
加古川市野口町水足123-17(加古川工業団地内)

 

TEL 079-422-8720
FAX 079-422-8721

第2工場
 塗装・看板部門

〒675-0019
加古川市野口町水足112-5(加古川工業団地内)

 

TEL 079-422-8201
FAX 079-422-8202

加西工場
ブラスト処理・塗装

〒675-2113
加西市網引町字丸山2001-52(加西南産業団地内)

 

TEL 0790-49-1951
FAX 0790-49-1952